信用力スコアリングサービスの比較とおすすめランキング【2019年2月】

信用力スコアリングサービスの比較とおすすめランキング

「個人が信用スコアによって格付けされる」

このようなことを突然言われたら誰しもが恐怖や不安を感じると思います。

しかし、実際は普通に真面目に暮らしていれば良いだけなので、日本においては信用スコアの普及によってプラスの影響を受ける人がほとんどだと思います。

なのでそこまで不安を感じる必要はありません。

おそらくほとんどの人にとってメリットの方がデメリットよりも多いと思います。

この記事は個人の信用力をスコアリングするサービスについて、

  • サービスの内容の比較をおこない

  • おすすめのサービスのランキング化

このような順番で進めていきます。

サービスで比較する内容について

具体的にサービスを比較していく前に、どんな内容でサービスを比較するかについてを説明したいと思います。

個人向けの信用力スコアリングサービスは

  • プラットフォーム運営コストがかかる

  • そもそも大量のパーソナルデータを集めるのが大変

などの理由から、ゲームアプリやSNSのようにどんな企業でも参入できるジャンルではありません。

よって、各社によってサービスが乱立する可能性は低く、そこまで多くの項目での比較も必要なさそうです。

比較内容その1. サービスの利用者数

信用力スコアは個人のデータ(パーソナルデータ)を分析することによって数値化されます。

ということは、個人にひもづく情報を運営会社に渡さなくてはいけません。

データを他者に渡すということは、

  • サイバー攻撃

  • 犯罪

  • 偶然の事故

などによる情報流出のリスクがあります。

これらのリスクを完全に防ぐ方法はありませんが、利用者としてはマイナーなサービスを使わず、できるだけ

  • たくさんの人が利用している

  • 信頼できる大手企業が運営している

などのサービスを使ってください。

個人情報の流出等については過剰に心配する必要はありませんが、それでも起きるときは起きてしまうものです。

比較内容その2. その信用スコアが高いとどんなメリットがあるか

信用スコアは高い数値を維持することによってメリットが発生します。

というのも、信用スコアと連携しているサービスを利用すれば

  • 料金が安くなる

  • 利用がしやすくなる

などで優遇されるからです。

比較は、提携サービスでどのように優遇されるかを比べてみたいと思います。

どのサービスを比較するのか?

肝心のサービスが2019年2月現在日本では普及していません。

サービスごとの比較はサービスが登場して安定稼働してからとなります。

しかし、参入を表明している企業は

  • ヤフー株式会社

  • 株式会社NTTドコモ

  • LINE株式会社

  • 株式会社メルカリ

など、誰もが知っているような大企業ばかりです。

yahoo!がヤフーIDにひもづいた信用スコア事業を開始します。この記事ではヤフーの信用スコア事業を解説します。
株式会社NTTドコモが信用スコア事業「ドコモスコアリング」を開始します。
LINEの信用スコアサービスである「LINE Score(ラインスコア)」の仕組みと、提携するローン・キャッシングサービスでの活用方法と連携サービスでのメリットについて解説します。
メルカリが子会社のメルペイを通じで個人の信用力をスコアリングする事業を始めるようです。実際はどのようなサービスになるのかを考えたいと思います。

信用スコアのサービス内容の比較

信用スコアのサービス内容の比較については、各社のサービスがはじまってからとなります。

比較する項目は

  • 利用者の数

  • 信用スコアと提携しているサービスの質と量

  • 信用スコアを作成することによるメリット

などを予定しています。

信用スコアサービスのおすすめランキング

おすすめの信用スコアランキングについても、サービスが開始され、比較するべき内容を確認してから作成します。

サービス開始までしばらくお待ちください。

各社正式なサービス開始は2019年中を予定しています。

なので、2019年の後半にはサービスの比較ができるようになると思います。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする