Rentio(レンティオ)で家電レンタルした際の料金と返却方法

Rentio(レンティオ)で

Rentio(レンティオ)はレンティオ株式会社が運営する家電やカメラのレンタルサイトです。

レンタルできるものは

  • ドローン

  • スマートフォン

  • 美容・ヘルスケア家電

  • ベビー用品

  • オーディオ機器

など、かなり広い範囲をカバーしています。

この記事ではRentioを使って家電等のモノを借りたとき、

  • 料金はどのようになっているか

  • 返却の方法

についての2点を解説します。

・Rentio(レンティオ)公式サイト

https://www.rentio.jp/

Rentioの料金について

まずはRentioの料金について解説します。

まず、大前提となる決済方法については

  • クレジットカード

  • 代引き

  • 口座振込み

  • NP後払

などに対応しており、この中から会員が自由に選択可能です。

Rentio公式サイト

レンタル料やレンタル日数はアイテムごとに違う

Rentioでは様々なアイテムがレンタルでき、その品ごとに

  • 宿泊可能日数

  • レンタル料

は異なります。

ただ、購入したときの価格とレンタル料を比較すると1/10程度でのレンタル料金設定が多いように感じます。

商品画面

延長可能だが1日ごとに料金がかかる

レンタル宿泊数はあらかじめ設定されていますが、レンタルを延長することは可能です。

しかし、延長した場合は1日ごとに料金がかかります。

延長した場合の料金も借りる商品ごとに違いがあるので注意してください。

月額制でレンタルできる「月額プラン」もある

アイテムにもよりますが、Rentioでは数日単位ではなくて月単位でレンタルをする「月額プラン」を利用することも可能です。

月額プランの最低レンタル期間は3ヶ月という縛りがありますが、長期でレンタルすると

  • 6ヵ月目以降:月々のレンタル料から5%割引

  • 12ヵ月目以降:月々のレンタル料から10%割引

などの割引が適用され、お得にレンタルすることができます。

また、経年劣化や市場での価格の低下もかんがみて、レンタル途中でもレンタル料金が安くなることがあります。

なので長期間でレンタルすると当初の予定よりも安くレンタルできるかもしれません。

月額プラン

クーポンがあれば割引されることも

プロモーションの一環なのか、Rentioはクーポンを発行しています。

もしクーポンを持っているのなら決済時にクーポンコードを入れ、割引された料金でレンタルしてください。

送料は無料

レンタルした時の送料はすべて無料となっています。

なので、注意するのはレンタル料のみとなります。

延滞した時の延滞料金について

もしレンタルしたのにその商品を期日までに返せないときは遅れた日数ごとに延滞料金がかかります。

ただ、延滞料金はレンタルを延長した時と同じ料金がかかるだけです。

遅延したから料金が割り増しになるなどのペナルティはありません。

レンタルした家電の返却方法について

レンタルした商品の返却方法はとてもシンプルです。

商品が送られてきた時に使われていた箱を再利用すればいいだけです。

とくに迷ったりすることは無いと思いますが、簡単に説明します。

返送日の24時までに返送の手配

商品をレンタルしたとき、もし3泊4日で借りたなら4日目のうちに返送の手配をする必要があります。

これは借りたものを返却予定日のうちに運営会社のもとに届くようにするということではなく、返送の手配をその日のうちにすればいいだけです。

なので、最終日のうちに

  • コンビニで返送の手配

  • 宅配業者に集配をお願いする

などの手配をしてください。

返送料は無料

借りる時と同じく、返す時も返送料は無料となります。

レンタルなので注意して大切に扱う

Rentio(レンティオ)はレンタルサービスです。

なので当たり前のことですが、自身が借りた商品はまた次の人にレンタルされます。

ということはもし商品に傷をつけたり、乱暴に扱ったりしたら次に借りる人に不便な思いをさせるかもしれません。

借りたものはできるだけ大切に扱い、借りた時と同じような状態で返せるように努力しましょう。

Rentio(レンティオ)公式サイトはこちら

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする