J.Score(ジェイスコア)による在籍確認の電話の内容について

J.Score(ジェイスコア)による在籍確認の電話

J.Score(ジェイスコア)だけでなく、消費者に対して融資を行う事業者は融資申し込みをした人の在籍確認を行います。

在籍確認は申し込みをした人が本当に申告した企業で働いているかを調査するために実施されます。

さらに言えば、在籍確認によって

  • 安定した収入があるのか

  • 返済能力があるのか

を確認している、とも言えます。

なので融資をする企業としては当たり前のことをしているだけです1)日本では安定した収入が無い人に対しての融資を法律によって禁止しています。

むしろ

「うちは在籍確認なしでお金を借りれます!!」

などと言ってる会社はかなり怪しいです。

この記事ではJ.Score(ジェイスコア)で実施される在籍確認の内容について全般的に解説していきます。

普通にしていれば特に気をつけることはありませんので、こんなことがあるんだ、くらいに認識するだけで大丈夫です。

J.Score(ジェイスコア)による在籍確認の内容

J.Score(ジェイスコア)が行う在籍確認の内容を紹介していきます。

確認される側としては特に何もせず、普通に仕事をしていれば大丈夫ですので安心してください。

在籍確認をされて困るのは、嘘をついたり収入や勤務先をごまかそうとしている人です。

このような詐欺行為は絶対にやめましょう。

お金を借りられないだけでなく、法的にも罪に問われる可能性もあります。

電話が勤務先にかかってくる

在籍確認は基本的にオペレーターによる電話です。

電話は勤務先の職場にかかってきます。

派遣やアルバイトでも電話はくる

もし正社員ではなく

  • 派遣社員

  • アルバイト・パート

だとしても勤務先に電話がきます。

派遣社員の場合は申し込み時に記入した内容によって派遣先にかかってくる可能性があります。

会社にはバレません

勤務先に融資の申し込みをした会社から在籍確認の電話がくる、というと心理的に身構えてしまうかもしれません。

しかし、在籍確認の電話は勤務先に借り入れがバレないようにしてくれます。

なので電話によって会社にお金を借りたことがバレる、なんてことはありません。

このあたりは電話確認の担当者もベテランなので安心です。

在籍確認をする女性オペレータ

脚注・引用   [ + ]

1. 日本では安定した収入が無い人に対しての融資を法律によって禁止しています。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする