どんなTwitterアカウントが高い信用スコアを獲得できるのか?

Twitterと信用スコアの関係性

信用力スコアリングサービスは個人に関わる様々なデータを収集し、信用スコアという形式で個人の信用力を数値化します。

データの中には、SNSのデータも含まれることがあり、SNSの一種であるミニブログサービス「Twitter(ツイッター)」のアカウントに紐づくデータも信用スコア算出にあたって収集されることがあります。

この記事ではどのようなTwitterアカウントが信用スコアを算出するときに高く評価されるかを考えます。

SNSアカウントの影響力をスコア化するサービスはすでに「Klout」がありますが、Kloutは2018年に閉鎖されました。

目に見えない影響力をスコアで可視化するというのはサービス開始当時は斬新でしたが、サービスとしては普及しませんでした。

しかしKloutは中国の信用力スコアリングサービスの芝麻信用等に影響を与えたでしょうから、Kloutは早すぎた信用スコアだったかもしれません。

信用スコアが高く評価するTwitterのデータとは?

ここからは、どのようなTwitterアカウントが信用力スコアリングサービスに高く評価されやすいかについて、項目ごとにまとめます。

おそらく大半のTwitterアカウントは個人の趣味や友達作り、さらには息抜き等を目的で使われるはずです。

なので、信用スコアを意識してすべてを完璧にする必要はありません。

しかし、ネットにはTwitterでの言動もデータとしてしっかり残るので、最低限の物事には注意した方が良いと思います。

ポジティブな内容のツイート(つぶやき)をする

Twitter上でするツイート(つぶやき)はできるだけポジティブな内容にしましょう。

良くないのは

  • 誹謗中傷

  • 悪口

  • あてこすり・皮肉

などの、他者(個人だけでなく店舗・企業等の法人や個人事業主をふくむ)に対しての攻撃的な内容や、

  • 自分を責めるような内容

  • 根拠なく悲観的な内容

などのネガティブな内容のツイートです。

もちろん、

  • フェイクニュース・デマの投稿・拡散

  • 名誉毀損

  • プライバシー侵害

  • 脅迫

など、公序良俗に反していたり法律に違反するような内容はもってのほかです。

ニュース等での報道をみてもわかるように、Twitter上での発言でも法律に違反する犯罪的な内容であればあっさり本人を特定されて逮捕されます。

逮捕されたら信用スコアどころではありません。

仕事などの専門分野についてのツイートをする

もし、

  • 大学などの教育機関

  • 仕事

などを通じて専門的な知識や経験を得ているのであれば、情報として公開してトラブルにならない範囲で専門分野についてのTweetをしてみましょう。

このような内容のつぶやきは自身の知識や経験の証明となります。

しかし、仕事に関して公開してはならない情報を公開してしまうと様々なトラブルが発生します。

公開してもすぐに削除すればいいという考えでなく、様々な観点からトラブルが起きる可能性がないかを事前によく検討してから公開してください。

守秘義務等を確認し、遵守すべきものは完璧に守りましょう。

リツイートされるような拡散されやすいツイートをする

ツイートについては発言する回数が多ければいいというものではありません。

頻度はその人の忙しさなどによるので、頻度よりはツイートの質が問われます。

ツイートの質についての判断は内容だけでなく、どれだけのひとにリツイート(retweet)されたかが問われます。

言い方を変えれば、その発言の「拡散力」が問われることになります。

もちろん炎上等のネガティブなものとして拡散されるのではなく、Twitterユーザーにより

「みんなと共有したい良いツイート」

として拡散されなければ意味がありません。

炎上による拡散は信用スコアを下げる

すでに述べたように炎上はネガティブな拡散です。

なのでいくら炎上商法的に炎上を狙い、つぶやきが拡散しても信用スコアは高くなりません。

内容が悪ければ下がる可能性の方が高いでしょう。

信用スコアはAI(人工知能)がデータを分析するので、良い拡散と悪い拡散の判断はかなり正確なはずです。

フォロワー数が多いだけでなくフォロワー数が多い人にフォローされる

フォロワー数についても信用スコアに影響がありそうです。

具体的には

  • フォロワーの数

  • フォロワーの質

の両方がデータとして使われるでしょう。

ツイート数と同じで、ただフォローしてくれるTwitterアカウントの数が多いというだけではダメです。

質について言及すると、Botやひたすら相互フォローしたりする機械的なアカウントではなく、

  • 専門的な知識があったり、独自の視点でつぶやくなど、質の高い発言をする

  • フォロワー数がフォロー数よりも多い

などの条件を満たすTwitterアカウントからのフォローでないとおそらく評価されません。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする