クレジットカードなどキャッシュレス決済を使い信用スコアを上げる方法

信用スコアが上がるクレジットカードなどキャッシュレス決済

個人の信用力を数値化する信用スコアサービスにIT・ネットをはじめとした様々な業界からの注目が集まっています。

この背景にはIot機器の増加など、モノのインターネット化が背景にあります。

モノのインターネット化により、これまでよりも個人にひもづくデータの取得が容易になってきているのです。

取得が容易になったデータのなかには商品の購入や販売などに利用するお金、いわゆる

「決済」

のデータもふくまれます。

人は生きていく中で様々なモノやサービスを購入します。

そして、特定の個人が購入したモノやサービスは、その人の

  • 性格

  • 置かれている環境

  • 趣味嗜好

が大きく反映されたものばかりです。

決済のデータを知ることは、その人のことを知ることでもあります。

つまり、決済情報はパーソナルデータの宝庫なのです。

よって信用スコアを作成する会社も決済関連のデータを信用スコア作成にあたって重要データとして扱います。

この記事ではどのような決済関連のデータがあれば高い信用スコアにつながりやすいかを考えたいと思います。

決済データで信用スコアを高くするための基本

まずはじめに、

  • モノ

  • サービス

などをお金を使って購入して信用スコアを高くしたいと考えたとき、押さえておきたい基本的な行動をいくつか挙げたいと思います。

データとして残る決済方法を選択する

信用スコアは各種データを分析することによって作成されます。

なので、データとして残らない行動や記録は信用スコアの分析に使うことができません。

決済に関して言うと、現金での支払いではなくて

  • クレジットカード決済

  • QRコード等のキャッシュレス決済

など、データとして残る決済方法を選択してください。

また、利用する決済方法が信用スコアを提携しているかどうかも確認しておきましょう。

信用スコア運営会社によっては

  • 信用スコア作成

  • キャッシュレス決済

この両方のサービスを運営していることもあります。

2018年11月現在での個人の信用力をスコアリング(数値化)してくれるサービスの比較と、比較からわかったおすすめサービスのランキングをまとめます。どの信用スコアを使えばいいか迷っている方は参考にしてください。

都合の悪いデータは現金にする方法もある

信用スコアは各種データを分析することによって作成されると既に述べました。

ということは、信用スコアを分析するのに使うデータを意図的に選別すれば、自分にとって都合の良いデータのみで信用スコアを作成してもらうことも可能だということです。

なので、あまりおすすめできませんが

  • 社会のルールや倫理に反している可能性があるモノ・サービス

  • 理想の自分の姿とはかなり乖離があるモノ・サービス

などを購入するときにあえてデータが残るような決済方法ではなく現金を利用するという方法もあります。

ただ、信用スコアの分析はデータの相関関係なども利用するので、人間の目線で

「これを買ったら信用スコアに悪影響があるだろう」

などと判断しても無意味だったりすることがあります。

また

「これを買ったら信用スコアが上がるだろう」

などと判断してモノやサービスを買っても無意味なこともあります。

つまり、複雑なデータを処理しているので、完璧にコントロールすることは難しいということです。

分析用のデータをたくさん残す

あくまでも傾向がある、というのに過ぎませんが信用スコアは特定の個人を分析するデータが多ければ多いほど高くなる傾向があります。

なので、決済関連のデータを使って信用スコアを高めたいと考えているなら、キャッシュレス決済をたくさん利用してデータを増やすことが大事です。

個人のお信用スコアを上げる方法について全般的に解説します。信用スコアがなかなか上がらないなど、スコアアップについて悩みがある方は参考にしてください。

どんな決済データが高い信用スコアやスコアダウンにつながるのか

ここからは具体的にはどんな決済系のデータが信用スコアアップにつながるか、もしくは信用スコアのダウンにつながるかを解説します。

決済系のデータではいきなり良いデータを集めたりすることは困難です。

なので、信用スコアを上げたいなら毎日積み重ねる決済系データを意識して生活するのがおすすめです。

クレジットカード決済の支払い遅延は現金

キャッシュレス決済は経路に差はあれど結局クレジットカードを利用することが多いです。

クレジットカードの「credit(クレジット)」には

  • 信頼

  • 信用

  • 評判

などの意味があり、端的に言えば自身の信用力を使った決済方法です。

なので、支払いの遅延などの信頼を裏切る行為をすると信用スコアにも大きく響きます。

クレジットカードなどキャッシュレス決済において遅延・延滞等は絶対に起きないようにしてください。

なお、クレジットの利用枠内であれば基本的にはギリギリまで使っても問題ないとされていますが、利用枠の5割〜8割程度でおさめておくのが良いという説もあります。

信用スコアと連携する決済サービスを使う

「決済データで信用スコアを高くするための基本」で説明した内容をやや被りますが、信用スコアと連携した決済サービスを使うと決済データが信用スコアの分析に使われます。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする