信用スコアを作りたくない人は同意しなければよいだけ

信用スコアを作りたくない人

個人の信用力を可視化する信用スコアは大手ネット系企業が参入を表明していることもあり、業界内ではかなり盛り上がっています。

ですが個人の反応はイマイチというか、ネガティブな感想が多いです。

信用スコアというか、パーソナルデータを企業が(同意のもとに)収集して個人の信用力を格付けすることに対して

  • 不安

  • 心理的な抵抗

  • 嫌悪感

などを感じる方が多いようです。

信用スコア事業には確かに

  • パーソナルデータの外部流出

  • 個人情報の転売

などのリスクがありますが、これは個人情報を保管するすべての企業で起きうることです。

どんな企業でもこれらのリスクを0%にすることは困難です。

そもそも信用スコアが海外で普及しているのはリスクよりもリターンが大きいからです。

それでも信用スコアを利用したくない人はどうしたらよいのでしょうか。

信用スコアの作成に同意しなければよいだけ

結論としてはとてもシンプルで、信用スコアに興味がなかったり、様々な理由から信用スコアを作りたくない人は信用力スコアリングサービスから信用スコア作成の同意を求められたときに、

「同意しない」

と回答すればよいだけです。

同意さえしなければ信用スコアは作成されません。

すくなくとも2019年の日本において、企業によって強制的に個人の信用スコアが作成され、これが付与されるようなことはありません。

データ収集も同意しなければよいだけ

信用スコア作成だけでなく、パーソナルデータの収集についても不満を感じている場合は

  • データ収集の同意を求められたら拒否する

  • 利用規約に記載されている個人情報の取り扱い方を確認し、不安な点があったらサービスを利用しない

などで対応する方法があります。

こちらも、収集することに対してを同意しなければだいたい解決すると思います。

また、サービスによっては提供してもよいと思うデータだけを提供して、提供したくないデータは提供しないという選択肢もあります。

信用スコアがないことによるデメリット

すこし話はズレますが、信用スコアを作成しないことによるデメリットについて簡単に説明したいと思います。

どんなサービス・物事にもメリットとデメリットがあります。

信用スコアについても利用するかどうかを判断するさい、メリットとデメリットの両方を確認してから判断すべきです。

メリットについはリンク先を確認してください。

自分の信用力をスコアリングし、信用力によってパーソナライズ(個別化)されるサービスが増加しています。信用力をスコアリングするサービスを使って高い信用スコアを得ることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。生活の中で発生する様々なメリットを解説します。

最大のデメリットは信用スコアを活用できないこと

信用スコアを使わないことによって逆に信用力が下がるようなことは起きません。

最大のデメリットは信用スコアと連携しているサービスを使えないことです。

しかし、これについては高い信用スコアを保有している人は提携サービスを使うと条件面で優遇されるというメリットを享受できなくなるくらいです。

もし信用スコアがなくてもこれらのサービスは利用できます。

よって信用スコアを作成しないことによる最大のデメリットは提携サービスにおいて信用スコアを活用できないことくらいです。

これを大きなことと捉えるか小さなことと捉えるかは利用者次第となります。

全体の傾向としてはWEBサービスとひんぱんに使う若い世代にとっては影響が大きく、そうでない世代にとっては影響が少ないのではないかと思います。

信用スコアが普及したらガラケーのようになるかもしれない

考えておきたいのはもし信用スコアを作成して提携サービスを使うことがメジャーになったときのことです。

このような状況になったら新規サービスは信用スコアありきで開発されます。

現在の携帯市場では新規サービスはスマートフォンを絡めたものばかりです。

ガラケー向けのサービスは利用者がすくなく、儲かりにくいのでほとんど開発されません。

信用スコアが普及したら、新しいWEBサービスは信用スコアありきで開発されるものばかりになる可能性があります。

信用スコアを作成するかどうかは自由

すくなくとも日本では信用スコアは営利企業によって作成されます。

中国の社会信用スコアとは異なります。

なので、信用スコアを作成するかどうは本人の自由意志に任されます。

選択肢としては

  • 信用スコアを作成しない

  • 提供するデータを限定して信用スコアを作る

  • パーソナルデータを提供して信用スコアを作る

などがありますので、メリットとデメリットを天秤にかけ、最も納得できる選択をしましょう。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする