信用スコアを使ったキャッシングとは?利用方法と注意点

信用スコアを使ったキャッシング

消費者金融などの金融機関による個人向けの融資は「キャッシング」という名称で日本に広く普及しています。

このキャッシングの分野で、新しい方法が2019年になって続々と導入される予定です。

それは「信用スコア」と呼ばれる個人の信用力を数値化した点数を活用したキャッシングです。

この仕組みにより、個人はより精度の高い与信を金融機関に期待することができます。

この記事では信用スコアを使ったキャッシングの

  • 概要や仕組み

  • 利用方法・使い方

  • 注意点

などを初心者向けに解説したいと思います。

信用スコアを使ったキャッシングとは?

まずは信用スコアを使ったキャッシングの概要や仕組みについて解説します。

信用スコアを使ったキャッシングはこれまでの消費者金融と比較すると、与信の精度が上がるという特徴があります。

そして、信用力が高い人は良い条件でお金を借りることができます。

個人の情報(パーソナルデータ)を使って信用スコアを算出するサービスが増加しています。この記事では「信用スコア」について初心者向けに仕組みやメリットを説明したのち、日本や海外の信用力スコアリングサービスを紹介します。

信用スコアは与信に活用される

金融機関が個人や企業に対して融資(お金を貸す)するとき、欠かせないのが与信です。

与信とは、融資する対象の信用力を審査する業務のことです。

これを別の言葉で表現にすると、お金の借り手がどのくらいの金利でどのくらいの金額までお金を返済できるかを審査する業務です。

この審査の部分で信用スコアは活用されます。

というのも、信用スコアは個人や企業の信用力をさまざまなデータから分析し、数値化されたものだからです。

なので、傾向としては信用スコアが高ければ高いほど対象の信用力が高く、お金を融資しても期限をきっちり守って返済される可能性が高くなるのです。

信用スコアが高いと融資条件が良くなる

信用スコアが高い=信用力が高い

このような状態だとお金の借り手にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的には

  • 融資の審査に合格しやすくなる

  • 融資上限が高くなる

  • 金利(年率)が下がる

このようなメリットが発生します。

とくに金利についてはお金を借りる上でとても大事な項目です。

じっさいお金を借りるときは、0.1%でも良いから金利が低い会社から借りたい、というのが本音だと思います。

基本的に無店舗型でスマホで完結

そもそも信用スコアを使ったキャッシングには、既存の消費者金融と比較すると低金利など、良い条件になりやすい理由があります。

つまり、無店舗型であったりAI(人工知能)を活用することによって固定費を下げているのです。

固定費が低い分、利用者に対して良い条件を提示できる可能性が高くなるので、与信云々以外にも利用する側にはメリットがあるのです。

対面での契約がなくスマホですぐに契約できるので、心理的な負担も少なくなるという特徴もあります。

使い方・利用方法

ここからは信用スコアを使ったキャッシングの使い方や利用方法についてです。

とはいえ、スマホで申し込みから借り入れ、さらには返済まですべて完結するので特に難しい点はありません。

まずは信用スコアの作成

信用スコアを使ったキャッシングは、まずは信用スコアの作成からはじまります。

信用スコアを作成するためには信用スコアサービスに登録する必要があります。

登録はWEBサイトだけでなくアプリなどからも可能です。

無料で会員登録をしたら、スコアを作成するためにパーソナルデータを提供し、自身の信用スコアを作成してください。

信用スコアと提携しているキャッシングで審査

信用スコアを作成したら、あとはその信用スコアと提携しているキャッシングサービスで申し込をするだけです。

ただ、信用スコアによっては提携ではなく自社で個人向けのキャッシング事業を運営していることがあります。

このような場合はその信用スコアが運営しているキャッシングサービスを利用してください。

どの信用スコアサービスを選べば良いのかは下記のリンク先を参考になると思います。

どの信用スコアサービスを選ぶかは利用者の自由ですが似ているサービスが多いのでどれを使えばいいかはわかりにくいです。この記事ではどの信用スコアを使えばいいか迷っている方向けに自分に合う信用スコアサービスの選び方について解説します。

注意点

ここからは信用スコアを使ったキャッシングの注意点を解説します。

どれも基本的なことですが、大切なことですのでキャッシングを検討している方は事前に確認してください。

お金を借りたら返済する

信用スコアを使ったキャッシングといえば聞こえはいいですが、消費者金融のような貸金業を営む会社からお金を借りるという事実は変わりません。

つまり業者から借金をする、ということです。

お金を借りたら約束(契約)した利子をつけて返すことが原則となります。

なので返済は絶対にしなくてはなりません。

信用スコアを使ったキャッシングだから催促が甘いとか、そのような考えは捨てて、合理的に返済できる金額を借り、きっちり期間までに返済をしましょう。

返済は遅延しない

内容がかぶる部分がありますが、返済に関して遅延が発生することもよろしくありません。

というのも、借金の延滞(遅延)が発生すると

「金融事故」

として信用情報機関に登録されるからです。

信用情報機関は信用スコアとは別で、信用スコアを使ったキャッシングを運営する団体も融資の申し込みがあったら必ず信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。

いくら信用スコアが高くても、信用情報機関に登録されている内容が悪ければ融資の申し込みを拒否される可能性が出てきます。

開始を予定している信用スコアを使ったキャッシングサービス

信用スコアを使ったキャッシングサービスの多くは2019年にサービス開始を予定します。

有名どころだと、

  • LINEによる「ラインポケットマネー」

  • NTTドコモと新生銀行による「スマートマネーレンディング」

などがサービスを始める予定です。

基本的には大手だったり信頼できる企業ばかりが参入すると思うので、自分に合った会社を見つけたら試しに自分の信用スコアの確認だけでもいいので、登録をおすすめします。

キャッシングだけでなく、さまざまなサービスと信用スコアは連携するので、利用することによって様々なメリットが発生するはずです。

信用スコア「LINEスコア」を使った融資サービス「LINEポケットマネー」の審査基準や審査の流れについて解説します。
新生銀行は通信キャリアのNTTドコモの信用スコアサービス「ドコモスコアリング」と提携して信用スコアを活用した個人向け融資サービス「スマートマネーレンディング」を展開します。2019年3月に正式に開始する予定となっています。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする