LINEスコアを上げる方法やスコアアップの考え方について

LINEスコアを上げる方法

チャットアプリで有名なLINE(ライン)は、2019年6月27日から自社の信用スコア

LINEスコア

を開始しました。

LINEスコアにかぎらず、信用スコアは基本的に数値が高ければ高いほど、その人の信用力が高いことを意味します。

そして、信用スコアの数値が高ければ、様々なメリットが発生します。

となると、とうぜん信用スコアの数値は高い方が良いに決まっています。

この記事では、LINEスコアを上げる方法や、スコアアップのために基本的な考え方を解説したいと思います。

信用スコアを上げるための考え方

まず、信用スコアをアップさせるための、基本的な考え方を解説します。

LINEスコアに限らず、どの信用スコアでも使える知識ですので、信用スコアに興味がある方は参考にしてください。

信用スコアは何の数値なのか?

具体的なスコアアップの考え方を解説する前に、信用スコアとは何の数値なのか理解しておくことが大事です。

一般的には、信用スコアは

「個人の信用力」

を数値化したものと言われています。

そして、人が他者を信頼するかどうかは、その人の

  • 人柄

  • 能力

をチェックして判断していると言われています。

では、LINEはどのように個人の人柄や能力を判断するのでしょうか?

これはとてもシンプルで、

「データ」

を分析して判断しています。

AIがデータを分析する

個人を信用力を数値化するために、データを分析していると説明しました。

しかし、個人の信用力という非常にわかりづらいものを、精確に分析することは非常に難しいです。

それに、ひとりの人間のデータを分析するだけでも困難なのに、信用スコアの利用者全員のデータを分析することは、人にはほぼ不可能です。

だから、データの分析は人ではなく

AI(人工知能)

が行います。

LINEスコアも、LINEが開発したAIがスコアを分析しています。

決まった形のデータの分析に関しては、AIは人よりも格段に高い処理能力を持っています。

さらに、AIは疲れませんし、人間のような先入観がなく、なおかつ人よりも公平です。

よって、信用スコアの分析のような行為は人よりも得意なのです。

どんなデータが高く評価されるのか?

ここまで説明してきたように、信用スコアはAIがデータを分析することによって数値化されます。

ということは、AIに高く評価されるようなデータを持っていれば、自然と信用スコアの数値は高くなります。

では、どんなデータがAIから高く評価されるのでしょうか。

これについては、明確な答えはありません。

というのも、社会や人の考え方の変化によって高く評価されるデータも変わるからです。

それでも、普遍的な部分としては、現在の社会において

  • 常識的

  • 倫理的

  • 道徳的

と、他者に評価されるようなデータを持つことが大事になります。

抽象的な表現となってしまいますが、いつの時代のどの場所でも、他者から信頼されるためには、これらのデータが必要となります。

どのデータが分析に使われるのか

最後に、どんなデータが信用スコアの分析に使われるかについてです。

代表的なデータをいくつか挙げると

  • プロフィール・属性情報(年収・勤務先・住所・家族構成等)

  • SNSのデータ

  • キャッシュレス決済のデータ

  • シェアリングエコノミーでの評価データ

などが考えられます。

しかし、信用スコアを運営する会社によって

  • 保有データ

  • 運営方針

などが異なるので、分析に使われるデータも異なります。

ここまで、信用スコアを上げるために考え方等について説明してきました。

ここまでの説明でわかりにくい、または情報が不足していると思った方は下記のリンク先で詳しく確認してください。

より詳しく、信用スコアアップの方法や考え方について解説してあります。

個人のお信用スコアを上げる方法や考え方について全般的に解説します。信用スコアがなかなか上がらないなど、スコアアップについて悩みがある方は参考にしてください。

LINEスコアを上げる方法

ここからは、LINEの信用スコア

LINEスコア

を上げる方法についてです。

LINEスコアは数値を高くすることによって、様々なメリットが発生します。

LINEスコアを根本的に高くすることは困難ですが、簡単な行為で上がるものもありますので、ぜひチャレンジしてください。

LINEの信用スコア「LINEスコア」は数値が高いと様々なメリットがあります。具体的にはどのようなメリットが発生するかをまとめます。

LINEからの質問に回答する

LINEスコアを起動すると、LINEからライフスタイルに関する質問を受けます。

これらに回答すると、自動的にLINEスコアが作成されます。

つまり、質問の回答をデータとして受け取り、スコアを作成しているのです。

基本的には

  • 年収が高い

  • 既婚者

  • 子供がいる

  • 同じ会社に勤務している年数が長い

  • 大企業に勤務している

  • 持ち家に住んでいる

  • 雇用形態が安定している

  • 社会保険に加入している

などに該当する回答をした方は、LINEスコアが高くなる傾向があります。

2019年7月現在では、回答についての証明書類等の提出は不要です。

よって回答を偽ることも可能ですが、嘘の回答は絶対に止めてください。

信用スコアを上げるために信頼を損なうような行動をすることは、本末転倒です。

LINE Payでかんたん本人確認を完了する

LINEは、キャッシュレス決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」を運営しています。

このLINE Payで、本人確認を完了することによってLINEスコアが高くなります。

しかも、20点が100%の確率で上がります。

なお、本人確認が完了した次週にスコアは反映されます。

即時反映されるわけではないので注意してください。

LINE家計簿に1週間以上家計簿に入力する

LINEは家計簿サービス「LINE家計簿」を運営しています。

LINE家計簿で1週間以上家計簿を入力すると、LINE Payの本人確認と同じく、次週に20点が追加されます。

提出するデータを増やし、さらに良くする

LINEスコアは2019年6月にはじまったばかりのサービスです。

よって、これから提出可能なデータなどはどんどん増加するはずです。

繰り返しになりますが、信用スコアはデータを分析することによって数値化されます。

そして、提出するデータが多ければ多いほど信用スコアの数値は高くなる傾向があります。

なので、利用者は

  • たくさんのデータを提出し

  • 提出するデータの中身を良くする

というのが、LINEスコアに限らず、信用スコアを上げる一般的な方法となります。

LINEスコアが低いからLINEでデメリットが発生する訳ではない

ここまで信用スコア全般や、LINEスコアを上げる方法を解説してきました。

確かにLINEスコアが高いとメリットが発生します。

しかし、少なくとも今のところ、LINEスコアが低くてもとくにデメリットは発生しません。

それに、もしLINEスコアに嫌悪感や不安を感じるのならLINEスコアを退会するという方法もあります。

利用者としては、そもそもLINEスコアを作成しないという選択肢もあるので、メリット等を考えて利用するか否かを判断してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする