ecbo cloak(エクボクローク)に預かり場所を提供してお金を稼ぐ

ecbo cloak(エクボクローク)は空いているスペースを旅行客の荷物置き場として活用できるサービスです。

何も使っていない場所でもecbo cloakを使って貸し出せばスペース所有者はお金を受け取ることが可能です。

自分が管理できるスペースで有料コインロッカーサービスをするようなものなので、遊休資産を空きスペースとして有効活用してください。

このページではecbo cloakを使って荷物を預ける側ではなく、空きスペースを使って荷物を預かりたい人向けにecbo cloakを解説します。

個人・法人のどちらもスペースを貸し出すことができますので、簡単に副収入を得たい方には参考にしてください。

ecbo cloak(エクボクローク)

https://cloak.ecbo.io/ja

※スペースを借りたい方もこちらのURLから利用可能です

注目されている空きスペースのシェアリングエコノミー

仕組みを説明するとecbo cloakは

  • 荷物を特定の場所や人に預けて移動を楽にしたい人

  • 空きスペース等の遊休資産を有効活用してお金を得たい人

この両者をマッチングするサービスです。

つまり空きスペースを有効活用するシェアリングエコノミーサービスです。

日本は外国人観光客の増加にともなって既存の施設ではサービスをまかないきれない状態になりつつあります。

具体的には、駅近くのコインロッカーサービスの空きが外国人の利用者等によって埋まる率が高くなっています。

ecbo cloakはコインロッカー等が埋まっている際に旅行客等が重い荷物をどこにもおけない、という問題を解決してくれます。

既存の仕組みでは社会的な問題を解決できない時、頼りになるのはecbo cloakのようなシェアリングエコノミーサービスです。

そして、遊休資産となっている空きスペースを持っている人にとっては空きスペースを使ってお金を稼げるサービスとなっています。

料金はプランが設定されている

ecbo cloakは倉庫の貸し出しではなく、あくまでの店舗の空きスペースを活用するサービスです。

なので大型の荷物を預かる事はできません。

ecbo cloakはあらかじめ2種類の大きさのサイズと預かり料金が設定されています。

  • バッグサイズ(最大辺が45cm未満)1個:1日300円

  • スーツケースサイズ(最大辺が45cm以上)1個:1日600円

バックサイズとは最大辺が45cm未満のもので、スーツケースサイズは最大辺が45cm以上のものを指します。

預かれるモノは限られています

ecbo cloakでは荷物を預かる側の責任を緩和するために預かれないモノを定めています。

預かれないものは

  • 現金・クレジットカード・キャッシュカード等の貴重品

  • 食品・飲み物・動物・植物

  • 劇物・爆発物

  • 異臭・悪臭を発するもの

  • 公序良俗に反する物

などがあり、どれも預かる側のリスクを緩和するためです。

※細かい一覧はヘルプで確認してください

保証・補償等について

荷物を預かった際は預かり証として預かった荷物を撮影します。

これによって何を預かったか等のいきちがい、トラブルを予防できます。

また、保管中の汚損、破損、紛失、盗難、事故などのトラブルによって預かった品を無くしたり傷つけてしまった場合は荷物1点につき最大20万円までの補償があります。

対応エリア一覧

ecbo cloakが対応しているエリアをまとめます。

やはり外国人観光客が多い場所でのニーズが高いので、観光地は優先的に対応していきそうです。

  • 東京

  • 大阪

  • 京都

  • 福岡

  • 沖縄

  • 北海道

※2018年2月に確認した対応エリアです。随時拡大していきますのでHPで確認してください

登録方法

会員登録ですが、まずはオーナー側としての会員登録が必要です。

  • 個人情報

  • 店舗情報

の両方を登録してください。

登録が完了したら審査

店舗(空きスペース)の登録が完了した審査があります。

審査内容については公表されていませんが、おそらく

  • 実在する場所なのか

  • 清潔に荷物を管理できる場所なのか

などのチェックが行われているのだと思います。

審査を通過したら店舗が公開され、利用者が閲覧可能な状態となります。

オーナーがもらえるお金

ここからは空き場所を貸し出すオーナーが報酬として受け取れるお金について解説していきます。

お金は成果報酬型で、基本的には借りる人が現れて実際に借りてくれた時に報酬が発生します。

受け取れるお金は利用料の70%

仕組みはとてもシンプルです。

貸し出したオーナーは利用者が支払った金額の70%を報酬として受け取ることができます。

視点を変えればecbo cloakの仲介手数料は30%ということです。

支払いは月末締めで翌月末払い

お金は現金で受け取れます。

毎月月末でお金を締めて、翌月末の入金されます。

振込手数料はecbo cloak側が負担してくれます。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする