信用情報に傷(異動)がつく行動一覧

信用情報

日本では金融に関わる行動の中で、大なり小なり何か問題を起こすと

  • 日本信用情報機構(JICC)

  • シーアイシー(CIC)

  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)

などの信用情報機関が管理する個人の信用情報に傷がつきます。

信用情報については下記ページで全般的に解説しています。

消費者金融やクレジット会社は個人の信用情報をもとに融資等を判断しています。信用情報について初歩的な情報をまとめました。

では、どんなことをしたら信用情報に傷がつくのでしょうか?

信用情報とは一種のデータですから、そのデータの内容が変わるのには確かな理由が必要です。

この記事では

  • 信用情報に傷がつくとはどういうことか

  • 信用情報を傷つける行動一覧

などを解説したいと思います。

「傷がつく」とは信用情報に「異動」の記録がつくこと

「信用情報に傷がつく」

ことはどういうことなのかを説明します。

まず、信用情報とはどんな情報(データ)のことでしょうか。

信用情報を管理する信用情報機関のひとつである、JICCのサイト内にある言葉をそのまま引用します。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。
そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※)」です。
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

このように、「個人の信用力」をあらわす情報が信用情報です。

そして、信用情報に「異動」の文字があることを

「信用情報に傷がつく」

と言います。

人にはよっては

「ブラックリストに載る」

と言う人もいますが、どちらも意味は同じです。

信用情報を閲覧して信頼できるかを判断している

金融機関へローンなどの申し込みをしたとき、かならず申込書を記載すると思います。

さらには収入などを証明する公的書類などの提出も求められます。

しかし、申込書や公的書類からは過去の実績がわかりません。

金融機関だけでは申し込みをした人を判断するのに

  • (対面での申し込みの場合)しぐさを含めた外見

  • (対面での申し込みの場合)話し方

  • 書類のデータ

などの情報しかなく、これだけで相手が本当に信頼できる人かを判断することができません。

なので、信用情報という客観的なデータを蓄積している信用情報機関に問い合わせるのです。

そして信用情報に「異動」の文字があったら信頼度は著しく下がり、信用取引は難しくなります。

何をしたら信用情報に「異動」がつくのかを知るのは大事

「異動」とは、金融事故があったことを意味します。

では、金融事故とはどういうことなのでしょうか。

ここからはどんなことをしたら「金融事故を起こした人」と信用情報に記載されるのかをまとめたいと思います。

何をしたらブラックリストに載るのかをしっかり把握し、ブラックリスト入りを予防しましょう。

一度信用情報が傷つくと、生活において長期間にわたり様々な不利益を被ることになります。

信用情報に「異動」がつく行動一覧

信用情報に異動(傷)が付く行動をひとつづつ紹介していきます。

内容を確認し、ブラックリストに載らないように注意してください。

クレジットカードの支払いの延滞

クレジットカードの支払いの遅延・延滞をすると信用情報に傷がつきます。

日本ではおそらくこれが原因でブラックリストに載る人がもっとも多いのではないかと思います。

クレジットカードを使っての購入は信用取引の代表格です。

安易にリボルビング払いなどを選択せず、クレカ決済を使うときはできるだけ一括で購入して余計な出費をへらしましょう。

一括だろうとリボルビングだろうと返済が遅れたら信用情報が傷つくことに変わりはありません。

消費者金融でのキャッシングの返済遅れ

夜中にテレビをみたら消費者金融のCMがばんばん流れています。

たしかに消費者金融はいざというときに頼りになるサービスで、社会的にも必要な仕組みです。

しかし、当たり前ですが借りたお金は利息をつけて期日までにきっちり返さなくてはなりません。

消費者金融で借りたお金の返済が滞ると信用情報に傷がつきます。

よって返済計画を立てない無計画なままでの借り入れはおすすめしません1)お金を借りただけでは信用情報に傷はつきませんので安心してください。

銀行カードローンの返済遅

銀行カードローンでお金を借りて、その返済が遅延したときは消費者金融と同じく信用情報に傷がつきます2)銀行系のキャッシングと銀行カードローンが違いますが、どちらも返済が遅延すると信用情報に「異動」がつきます。

銀行カードローンの場合は総量規制の対象外なのでお金を借りすぎてしまうという危険性がありました3)これによって破産する人が増えるなどの社会問題になったせいか、銀行が自主的に融資上限については改善しました。

しかし、銀行からのローンとはいえ借金は借金なので計画的に借りないと生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

金融機関からの強制解約

クレジットカード会社や消費者金融に対して

  • 違反行為

  • 悪質だと判断される遅延や延滞

などの行為をして「強制解約」となった場合も信用情報に傷がつきます。

よほどのことをしない限りは強制解約になりません。

しっかり契約内容を読み、どんな行為をしたら違反になるかを確認しておきましょう。

携帯電話本体の割賦契約の遅延

スマホ時代になり携帯電話の本体の料金は高くなっています。

そのせいか、割賦契約で新しい端末を購入する人が増加しています。

注意したいのは、割賦契約は一種のローンだということです。

つまり信用取引で携帯を購入しているのです。

なので割賦契約の支払いに遅延すれば信用情報に傷がつくことになります。

保証会社を経由しての家賃の滞納

自宅の賃貸契約で保証会社が大家との間に入っている場合、家賃を滞納するとその情報が信用機関にわたる可能性があります。

利用している保証会社の系列によっては信用情報に傷がつかないこともありますが、家賃の滞納によって信用情報が傷がつく可能性がある、と覚えておいてください。

保証会社を利用する大家は増加していますので、保証会社がらみでブラックリストの載る人も今後ふえそうです。

保証会社などに代位弁済してもらう

保証会社などに代位弁済(代わりにお金を支払ってもらうこと)をしてもらうと、支払うべきお金を遅延したとして信用情報にその情報が掲載されます。

債権も保証会社に移動することが多いので、代位弁済のあとは保証会社に返済をすることになります。

なので保証会社が返済してくれたので一安心、というものではありません。

ちなみに銀行カードローンではお金の貸し手は銀行ですが、審査や保証をする会社は有名な消費者金融だったりします。

奨学金の返済滞納

イメージと異なりますが、奨学金も延滞すれば信用情報に傷がつきます。

ただ、いまのところ限られた機関からの奨学金しか延滞時に信用情報に傷がつきません。

しかし、この流れは波及しそうで、奨学金も返済が遅延すれば信用情報に傷がつくと考えが方がよさそうです。

なので安易に奨学金を借りると人生の計画が変わってしまう可能性があります。

連帯保証人となって返済ができないとき

家族や友人に頼まれて、何かの連帯保証人になったとします。

そして、

  • お金を借りた人

  • お金を借りた人の連帯保証人になった人

の両方ともお金を返済できなかったり遅延した時は信用情報に傷がつきます。

なので安易に連帯保証人になったらその返済だけでなく大変な目に遭う可能性があるのです。

クレカや消費者金融への多重申し込み

数ヶ月などの短期間のあいだに

  • クレジットカード発行申し込み

  • 消費者金融の融資申し込み

などを申し込みを複数の会社に行うと信用情報に申し込み履歴が載ります。

そして、金融機関はその信用情報を見ると「怪しい」「危険だ」と判断することが多いです。

つまり申し込みをしすぎると実質的には信用情報に傷がついた状態になってしまう、ということです。

ふつうに生活している人がクレカや消費者金融に短い期間に何回も申し込むのは確かに変です。

なのでこのような行動は控えましょう。

何回も申し込むから審査に通過するというものでもなく、いたずらに信用をなくすだけです。

債務整理を行う

信用情報に傷がつくとてもわかりやすい例ですが、

  • 破産

  • 任意整理

  • 個人再生

  • 特定調停

などの手続きをすると信用情報にその情報が掲載され、異動となります。

支払いがクレカ決済だと信用情報に傷がつきやすい

ここまで信用情報に傷がつく行動を説明してきました。

意外とNHKの支払いや公共料金などは遅延しても信用情報には傷がつかないのです。

しかし、もしこれらの支払い方法をクレジットカード決済にしていた場合、クレジットカード決済を遅延してしまえば間接的に信用情報に「異動」がついてしまいます。

クレジットカード決済はとても簡単で便利な仕組みです。

しかしこのようなデメリットがあることを理解してください。

クレジット(credit)=信用

という意味があるだけあって、個人の信用度を測る目安として様々な画面でクレジットカードは使われます。

脚注・引用   [ + ]

1. お金を借りただけでは信用情報に傷はつきませんので安心してください。
2. 銀行系のキャッシングと銀行カードローンが違いますが、どちらも返済が遅延すると信用情報に「異動」がつきます。
3. これによって破産する人が増えるなどの社会問題になったせいか、銀行が自主的に融資上限については改善しました。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする