WealthNavi(ウェルスナビ)で口座開設する時の手順・流れ

WealthNavi(ウェルスナビ)で口座開設

この記事ではWealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設の手順や流れを解説します。

口座を開設する以前に確認しておきたい、投資ができる年齢・必要書類についてや投資シミュレーションは以下のページで確認してください。

ロボアドバイザー「wealthnavi(ウェルスナビ)」は無料診断を受けるだけで運用プランを確認できます。口座を開設する前にプランを確認しておきましょう。
WealthNavi(ウェルスナビ)で口座を開設できる年齢と、開設にあたって必要な書類の情報をまとめます。

それでは、順を追って口座開設を説明していきます。

ステップ1.メールアドレスでユーザー登録

WealthNaviではメールアドレスをもっていないと登録できません。

なのでgmailやYahoo!のようなフリーメールでもよいので用意しましょう。

そして、

口座開設のお申し込み

からメールアドレスを入力してください。

メールアドレス宛に認証コードが届きます。

届いた認証コードには1時間程度の有効期限がもうけられています。

なので早めに確認して開設をすすめてください。

パスワードの入力

認証コードの入力画面でパスワードの設定も求められます。

  • 8文字以上

  • 英数字で小文字・大文字をふくむ

という条件でパスワードを設定してください。

ステップ2.お客様情報の登録

パスワードを設定したお客様情報の登録です。

登録する情報は

  • 性別

  • 電話番号

  • 職業

  • 投資経験

  • 出金時振込先口座

  • 支店名

  • 口座の種類

  • 口座番号

  • 口座名義人

となっています。

ステップ3.本人確認書類のアップロード

本人確認をするときは

  • 運転免許証+個人番号通知カード

  • マイナンバーカード

のうち、簡単に用意しやすい方をえらんでください。

サイト内にから簡単にアップロードすることができます。

本人確認の書類はアップロードのみに対応しており、郵送は受け付けていません。

アップロードする方が早めに口座開設できたり、お金がかからないなどのメリットがありますね。

ステップ4.規約等の同意

確認書類のアップロードが完了したら

  • 規約等の確認と同意

  • 源泉徴収ありの特定口座を希望するかどうか

  • 反社会的な勢力に属していないことの確認

  • 日本に在住していることの確認

  • 米国人でないことの確認

など、各種確認画面にうつります。

それぞれを確認した上で、同意できるなら同意をチェックしてください。

どれかひとつでも同意できない場合は口座の開設はできません。

特定口座について

特定口座についてはよくわからない場合は、

特定口座(源泉徴収あり)

をチェックしておけば間違いありません。

チェックしておけば確定申告などの手間を減らすことができます。

ステップ5.「口座開設のお知らせ」を受け取りサインする

最後に、簡易書留で

「口座開設のお知らせ」

を受け取り、サインをして送り返せば口座開設が完了です。

2営業日ほどで届きます。

土日を希望する方は

「配達日の希望」

で土日をチェックしてください。

口座開設の手続が完了したら登録したメールアドレス宛に届きますので、確認したらパスワードを使ってログインしましょう。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする