スコアレンディングとは?信用スコアを用いた融資の仕組みについて

スコアレンディングとは

2019年になり、

「信用スコア」

という言葉がメディア等で取り上げられる機会が増え、着実に社会に浸透しつつあるのを感じます。

けれど、信用スコアと関連性が高い

「スコアレンディング」

は信用スコアと比較するとそれほど言葉が浸透していないように感じます。

この記事では信用スコアを活用した新しい融資方法であるスコアレンディングについて、借り入れを申し込む利用者目線からみた概要や仕組みなどを幅広く解説します。

既存の消費者金融・キャッシングと比較したりしながら解説しますので、新しい融資方法としてのスコアレンディングに興味がある方は参考にしてください。

スコアレンディングとは?

まずはスコアレンディングの概要から解説したいと思います。

スコアレンディングは言語表現としては英語で、

  • Score(スコア)

  • Lending(レンディング)

となっており、英語での意味はそれぞれ

  • スコア=得点・点数

  • レンディング=貸し出す

このようになっています。

なので、スコアレンディングは点数のようなものを使って貸し出すものだろうと推測することができます。

では、「スコア」とは何を意味するのでしょうか。

「スコア」は「信用スコア」のこと

結論から言うと、スコアレンディングの「スコア」とは

「信用スコア」

のことです。

信用スコアは簡単に表現すると

「個人の信用力を可視化した数値」

です。

信用スコアについて興味がある方は下記のリンク先でご確認ください。

信用スコアとはパーソナルデータを使って個人の信用力を分析するサービスのことです。信用スコアの仕組みやメリット、さらには日本でのサービス普及状態などを幅広く解説します。信用スコア初心者はまずこの記事を確認してください。

つまり、スコアレンディングとは信用スコアを活用したレンディング(融資)のことなのです。

オンラインレンディングの一種でもある

スコアレンディングについて補足します。

スコアレンディングは融資方法の一種で、大きな枠組みでは

「オンラインレンディング」

に該当します。

オンラインレンディングとはオンライン(ネット)上から申し込みができる融資方法の総称です。

ネット上の融資サービス「オンラインレンディング」の種類とそれぞれの仕組みを簡単に解説します。

スコアレンディングと同じように大枠ではオンラインレンディングに該当するような融資方法としては

  • トランザクション・レンディング

  • データ・レンディング

などがあります。

既存の消費者金融との最大の違いは「信用スコア」

スコアレンディングは既存の消費者金融系の会社と比較してなにが違うのでしょうか。

これについては似通った部分が非常に多いのですが、最大の違いはスコアレンディングの名称にもなっている「信用スコア」の存在です。

詳しくは後述しますが、信用スコアを与信に利用することによって、より高い精度で個人の信用力を算出することが期待できます。

個人向けだけでなく法人向けもある

スコアレンディングは個人向けのサービスだけでなく、法人向けのサービスもあります。

法人でも個人と同じく「信用スコア」が使われ、信用スコアの数値とその他データをもとに融資の可否や条件が算出されます。

お金を借りれるのは20歳からが基本

融資の対象となる年齢についてです。

スコアレンディングにおいて融資対象となるので基本的には20歳からです。

いわゆる大手消費者金融と呼ばれる会社も20歳から融資を行うので、年齢制限についてはそれほど差がありません。

また、上限については70歳くらいとなっており、下限だけでなく上限も既存の消費者金融とほぼ差がありません。

スコアレンディングの仕組み

ここまでスコアレンディングの概要について説明しました。

ここからはスコアレンディングの融資の仕組みについて説明します。

基本的な融資の仕組みについては既存の消費者金融と似ていますのでご存知の方もいると思いますが、この記事では初心者向けに解説したいと思います。

信用力の分析に使う情報について

個人向け法人向けに関わらず、融資における最重要事項は信用力の分析です。

信用力を正確に分析しないと、貸し倒れ等で融資元は甚大なダメージをこうむります。

そして、スコアレンディングにおいて信用力を分析するさい、重要な情報となるのは

  • 属性情報

  • 信用情報機関に登録されている信用情報

  • 信用スコアの数値

この3つです。

この3つについてそれぞれ補足します。

属性情報とは?

「属性情報(ぞくせいじょうほう)」とは、簡単に表現するとプロフィール情報のことです。

信用力を分析するさいに属性情報は欠かせません。

というのも、

  • 年齢

  • 職業

  • 在籍企業

  • 企業への在籍年数

  • 会社での役職

  • 収入

  • 家族構成

などは個人の返済能力を審査するうえで直接的に関係があるからです。

スコアレンディングを運営する会社は自社で保有する統計データを参照しながら申し込み者の情報を確認し信用力を分析します。

信用情報とは?

信用情報は日本国内の信用情報機関と呼ばれるサービスに登録されている情報のことです。

日本国内で法律にもとづいて貸金業を運営している会社ならほぼ100%の確率で信用情報機関に登録しています。

そして、融資の申し込みがあったら申し込み者の情報を信用情報機関に照会します。

信用機関に照会し、金融事故の情報があったら融資を受けるのは困難となります。

信用スコアの数値が高いと信用力も高い

最後に信用スコアについての補足です。

信用スコアは信用力スコアリングサービスに登録し、パーソナルデータを提供することによって測定可能となります。

スコアレンディングにおいては、信用力スコアリングサービスを運営している会社がスコアレンディングのサービスも運営していることが多いです。

なので、信用スコアを診断したらスムースに融資の申し込みが可能となります。

ここで、信用スコアの数値が高いと「信用力が高い」と判断され、良い条件で融資してもらえやすくなります。

ただ、注意したいのは

信用スコアが高い=良い条件で融資してもらえる

ということではなく、もし信用情報機関に傷があったりしたらいくら信用スコアが高くても融資は難しくなります。

スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする