出会い系アプリやサイトに信用スコアが導入されたらどうなるか

信用スコア

日本には2000年前後からインターネットでいわゆる

「出会い系サイト」

が存在しており、当時は未成年をふくむだれでも利用できていました。

年齢関係なく誰でも利用ができたので、とうぜん犯罪などの温床になり、出会い系は社会的な問題になりました。

この頃のイメージがいまだに残っており、

  • 出会い系サイト=危険

  • 出会い系サイト=いかがわしい場所

という印象をもっている方は多いと思います。

しかし、その後法律が定めれられたり改正などによって未成年の出会い系サイトの利用は禁止されています1)ただし法律を遵守しない出会い系もいまだにあります。

なのでそれなりに安全性は確保されていますが、若者の間で流行している

「マッチングアプリ」

と比較すると危険度は高いと言わざるを得ません。

けれど、もし信用スコアの仕組みが導入されたら出会い系サイトや出会い系アプリも安全性が高まる可能性があります。

出会い系サイトやアプリの仕組み

信用スコアが導入されたらどうなるかを説明する前に、日本における一般的な

  • 出会い系サイト

  • 出会い系アプリ

がどのようなものなのかを簡単に解説したいと思います。

利用できるのは18歳以上

「出会い系サイト」と呼ばれるサイトを利用できるのは18歳以上のみです。

これは出会い系サイト規制法と呼ばれる法律で定められています。

ちなみに、異性との出会いの場を提供することを目的に運営されているサイトやアプリなのに、18歳未満の未成年でも使えてしまえるようなサービスは違法である可能性が高いです。

利用すると様々なトラブルにまきこまれる危険があるので注意してください。

仕組みは一般的なSNSとほぼ同じ

まず、出会い系の仕組みというか機能について言うと、

  • 会員ごとの個別のプロフィールページ

  • メッセージ投稿掲示板

  • 画像(写メ)投稿掲示板

  • メッセージの送信・受信

  • 足跡

  • 会員検索

などの機能が用意されていることが多いです2)サイトやアプリによって多少の違いはあります。

つまり、機能だけをみるとSNSとほぼ同じということです。

ちがうのは利用者が特定の目的(異性との出会い)を持って参加している点と、運営もそれを認めている点でしょうか。

流行中のマッチングアプリとの違い

マッチングアプリは若者の間で新しい出会いの場として流行しています。

ではマッチングアプリと出会い系の違いは何?となりますが、機能的には両者はとても似ています。

違うのはマッチングアプリのその名前の由来となった

「マッチングシステム」

がマッチングアプリにはあることと、直接的な表現などは出会い系ではOKでもマッチングアプリではNGとなる点でしょうか。

サクラについて

出会い系といえばサクラがいるというイメージがあります。

ですが、意外なことに

  • 出会い系を運営する許可を得ているサービス

  • 運営期間が長いサービス

この両方を満たす出会い系にはサクラがいないとされています。

ただ、サイトやアプリ上からサクラと一般の利用者を判別することは難しいので、本当のところはどうなっているかはわかりません。

サクラ以外にも業者とよばれる存在がいる

出会い系にはサクラ以外にも、「業者」と呼ばれる存在がいます。

業者とは、本来の目的である男女の出会い以外を目的として利用している人たち全般を指すことばです。

こちらもサクラと同じく、一般の利用者と完璧に判別することは難しいです。

信用スコアを導入したらどうなるのか

ここまで説明してきたように、出会い系には

  • サクラ

  • 業者

という存在があります。

これらは真剣な利用者にとって本当に厄介な存在ですが、信用スコアを全会員に対して導入すればサクラや業者を排除することができるかもしれません。

年齢確認時に信用スコアも認証する

健全な出会い系はすべての会員に対して18歳以上の年齢確認を行います。

このタイミングで信用スコアの認証も行うことによって利用者の年齢詐欺や不正登録を防ぐことができます。

若者の間で人気のマッチングアプリはCtoC(個人間)の取引が発生するサービスなので男女関係なく危険な目に遭う可能性があります。現状どんな仕組みなのかと、シェアリングエコノミーのように相互評価や信用スコアの機能が導入された時にどうなるかを考えます。

h3>

まず、出会い系の仕組みというか機能について言うと、

  • 会員ごとの個別のプロフィールページ

  • メッセージ投稿掲示板

  • 画像(写メ)投稿掲示板

  • メッセージの送信・受信

  • 足跡

  • 会員検索

などの機能が用意されていることが多いです3)サイトやアプリによって多少の違いはあります。

つまり、機能だけをみるとSNSとほぼ同じということです。

ちがうのは利用者が特定の目的(異性との出会い)を持って参加している点と、運営もそれを認めている点でしょうか。

流行中のマッチングアプリとの違い

マッチングアプリは若者の間で新しい出会いの場として流行しています。

ではマッチングアプリと出会い系の違いは何?となりますが、機能的には両者はとても似ています。

違うのはマッチングアプリのその名前の由来となった

「マッチングシステム」

がマッチングアプリにはあることと、直接的な表現などは出会い系ではOKでもマッチングアプリではNGとなる点でしょうか。

サクラについて

出会い系といえばサクラがいるというイメージがあります。

ですが、意外なことに

  • 出会い系を運営する許可を得ているサービス

  • 運営期間が長いサービス

この両方を満たす出会い系にはサクラがいないとされています。

ただ、サイトやアプリ上からサクラと一般の利用者を判別することは難しいので、本当のところはどうなっているかはわかりません。

サクラ以外にも業者とよばれる存在がいる

出会い系にはサクラ以外にも、「業者」と呼ばれる存在がいます。

業者とは、本来の目的である男女の出会い以外を目的として利用している人たち全般を指すことばです。

こちらもサクラと同じく、一般の利用者と完璧に判別することは難しいです。

信用スコアを導入したらどうなるのか

ここまで説明してきたように、出会い系には

  • サクラ

  • 業者

という存在があります。

これらは真剣な利用者にとって本当に厄介な存在ですが、信用スコアを全会員に対して導入すればサクラや業者を排除することができるかもしれません。

年齢確認時に信用スコアも認証する

健全な出会い系はすべての会員に対して18歳以上の年齢確認を行います。

このタイミングで信用スコアの認証も行うことによって利用者の年齢詐欺や不正登録を防ぐことができます。

若者の間で人気のマッチングアプリはCtoC(個人間)の取引が発生するサービスなので男女関係なく危険な目に遭う可能性があります。現状どんな仕組みなのかと、シェアリングエコノミーのように相互評価や信用スコアの機能が導入された時にどうなるかを考えます。

脚注・引用   [ + ]

1. ただし法律を遵守しない出会い系もいまだにあります。
2, 3. サイトやアプリによって多少の違いはあります。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする