既婚者がセフレを作るならどんな方法がおすすめ?

セフレが作れるのは、若くて独身の男女だけでしょうか。
違いますよね?
アラフォー・アラフィフの既婚者でもセフレは作れます。

しかし既婚者がセフレをつくる場合は効率がよく、なおかつ安全な方法を選ばなくてはなりません。
このあたりが、独身と既婚者のセフレ作りのちがいです。

この記事では

  • 効率
  • 安全性

を両立している
「既婚者がセフレを作るのにおすすめの方法」
を解説します。

おすすめその1. 出会い系アプリ(出会い系サイト)

既婚者がセフレを作る方法として最初におすすめしたいのは
出会い系アプリ(出会い系サイト)
です。

ただし、これには
「サクラがいない出会い系」
という条件がつきます。
日本には数は少ないですが、サクラがいない「優良出会い系アプリ」というものがあります。
優良出会い系アプリは数個ほどしかありません。
それでも、知っている人は知っています。
じっさい、セフレを作っている人の多くは以下の図にあるような優良出会い系アプリ・サイトでセフレを作っています。

優良出会い系アプリの図解

このなかでも、ピーシーマックス
「セフレ作りに向く出会い系」
として大人気になっています。

出会い系でセフレを作るメリット

次は、セフレ探しに出会い系アプリを使うメリットについて解説します。
既婚者がセフレ探しに出会い系アプリを使うことの最大のメリットは、
「知り合い以外と出会える」
ことです。

セフレを作るうえで最も注意したいのは、家族にバレることです。
家族バレを防ぎたいな、
「知り合い以外をセフレにする」
これが有効的です。

出会い系アプリなら、

  • 友達(知り合い)
  • 職場(仕事)
  • 住んでいる地域

などの共通点がない女性とも簡単に出会えます。
これは、既婚者にとって大きなメリットになるのです。

他にもメリットはあります。
出会い系アプリなら

  • 掲示板検索
  • プロフィール検索

などの検索方法により、セフレ募集をしている女性が簡単に見つかることです。
いちいちメッセージを送ったり、会ったりしたときにセフレに興味があるかどうかを聞くよりも、はるかに効率的にセフレに興味がある人を探せます。

割り切って出会える「パパ活女子」の存在も、既婚者がセフレを作る上ではメリットになります。
パパ活女子とは、簡単に言えば
「セフレになる対価としてお金を求めている女性」
のことです。
このような女性が出会い系にはたくさんいて、お金さえ払えば簡単にセフレになれます。
後腐れもないので、非常に割り切った関係と言えます。

出会い系アプリを使うデメリット

次は、出会い系アプリでセフレを探すことのデメリットについてです。
実のところ、サクラのいない出会い系アプリを使えば、それほどデメリットはありません。
しかし、優良出会い系アプリの中には風俗業者のような女性がいます。
このような女性は
「業者(ぎょうしゃ)」
と呼ばれています。
プロの風俗嬢のようなもの、ということですね。

業者の女性が
「セフレが欲しい」
などと掲示板に書き込みをしているときは、パパ活女子と同じでタダのセフレにはなれません。
セックスの前か後に、確実にお金を請求されます。

さらに、業者の女性はさまざま男性とセックスしているので性病感染などの確率も高くなります。
性病に感染したら治療が必要です。
性病に感染している間は、二次感染を防ぐためにパートナーともしばらくはセックスができません。
出会い系アプリを使って出会う時は、相手が風俗業者のようなことをしていないかを確認した方が良いかもしれません。

おすすめその2. マッチングアプリ

出会い系アプリと並ぶ、セフレ作りにおすすめのサービスは
マッチングアプリ
です。
マッチングアプリとは、おもに恋愛や結婚相手探しに使われるアプリの総称です。
若い女性が猛烈な勢いでマッチングアプリを使っているので、同じ職場の若手社員などはみんな使っているはずです。

マッチングアプリは出会い系とは違い

  • 毎月固定でお金がかかる
  • アダルト系のメッセージや投稿はできない

という制約があります。
それでも男女が出会える場所として非常に優秀です。
ということは、セフレが作れる場所でもある、ということです。

セフレ作りにマッチングアプリを使うメリット

マッチングアプリをセフレ作りにおすすめする理由は、出会い系アプリをおすすめした理由と似ています。
マッチングアプリをセフレ作りに利用するメリットをまとめると

  • 会員数が多い
  • パパ活女子がいる
  • 様々な目的で利用している人がいる

このようになります。
マッチングアプリは出会い系と比較すると「すれていない女性」が多いです。
すごく真面目で、これまで彼氏を作ったことがないような女性もたくさんいます。
この点を、セフレ作りに上手に利用できるかどうかは利用者次第となります。

セフレ作りにマッチングアプリを使うデメリット

マッチングアプリでもセフレは作れませんが、メリットだけではありません。
とうぜんデメリットもあります。
最大のデメリットは、他の利用者からの通報です。

説明したように、マッチングアプリは恋愛や結婚相手さがしなどを目的に利用されます。
なので、セフレ作りはマッチングアプリ本来の使い方ではありません。
もし出会った相手がセフレになってくれなかったとき、その人は運営に対して
「あの人はセフレ探しを目的に利用しています」
と通報するかもしれません。
その通報内容を裏付けるようなものがあれば、強制退会などの措置を受けることもあります。
強制退会になると課金したお金は無駄になりますので、金銭的なデメリットが発生します。

どのマッチングアプリが既婚者のセフレ探しにおすすめ?

最後に、どのマッチングアプリがセフレ作りにおすすめかを整理します。

  • 会員数が多い
  • パパ活女子がいる
  • 様々な目的で利用している人がいる

この3点を満たすマッチングアプリとしてまず浮かぶのは
Pairs(ペアーズ)
というマッチングアプリです。
ただ、もしPairsを使って、セフレ作りには効率が悪いと感じたら次に紹介する交際クラブやデートクラブの方が良いかもしれません。

おすすめその3. 交際クラブ・デートクラブ

「既婚者でもセフレを作る方法」
の最後は、

  • 交際クラブ
  • デートクラブ

と呼ばれるサービスです。
出会い系アプリやマッチングアプリと比べると馴染みが薄いサービスだと思います。
しかし、近年になって交際クラブに登録する女性の数は急速に利用者が増えています。
「交際クラブ」と「デートクラブ」は呼び方が違いますが、中身は同じです。
ややこしいので、ここからは「交際クラブ」で統一して解説します。

交際クラブとは?

交際クラブとは、簡単にいえば

  • 女性と出会いたい男性
  • 男性と出会いたい女性

この両者のデートをセッティング・コーディネートしてくれる、店舗型の有料サービスです(女性は完全無料でつかえます)。
既存サービスでいうと、結婚相談所とすこし似ています。
男性は、入会時とデートのセッティングが成立したときなどに料金を支払う仕組みです。
さらに、交際クラブを利用した場合、男性が女性と初めてデートなどをする際も、
手当(てあて)
と呼ばれるお金が発生することが基本です。
手当の金額は男性に任されています。

このように、利用にあたってそれなりの出費が発生するのが交際クラブです。
ただ、交際クラブが近年大人気なのは、支払う金額に見合う魅力があるからです。

交際クラブを使うメリット

交際クラブの魅力として、会員女性のレベルの高さがあげられます。
かわいい女性や綺麗な女性が多く、中には芸能人やモデルの卵のような女性もたくさん登録しています。
そして、既婚者にとっても最も有り難いのは、最初から基本的に割り切った関係を続けられる点です。
割り切ってデートしたり、セフレになれるので、後腐れはありません。
もしその関係に飽きたりしたら、同じ交際クラブを使って別の女性を指名することもできます。
お金がかかるだけで、あとは自由なのです。

交際クラブを使うデメリット

交際クラブは男女のセフレ作りにとても適したサービスです。
しかし、男性からすると

  • 入会金
  • セッティング料金
  • 年会費

などの出費が発生するのはかなりのデメリットです。
基本的にはたくさん女性と出会えば出会うほど出費が増えるので、すでに紹介したマッチングアプリと比較するとお金をコントロールすることが困難です。
もしお財布をパートナーと共有している場合は、交際クラブを利用することは難しいでしょう。

既婚者はリスクとメリットを検討してからのセフレ探しがおすすめ

既婚者には配偶者がいます。
なので、すぐにバレるようなセフレを作ると、自分自身だけでなく家庭に被害を与えてしまいます。
なので、

  • リスク
  • メリット
  • デメリット

などを慎重に検討してからセフレを探してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする