LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)での信用スコアを使った融資の仕組み

 LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)

信用スコアは連携する様々なサービスで活用されます。

その中でも活用が期待できるのが個人の信用力の正確な審査が必要な個人向け融資の業界です。

その人の信用力を正確に分析できれば、金融機関は適切な条件で融資をすることが可能になります。

チャットアプリで有名なLINEは、信用スコアサービスである

LINE Score(ラインスコア)

と、信用スコアを活用した個人向けの融資サービス

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)

を2018年11月27日に発表しました。

あわせて、これらのサービスを運営するLINE Credit株式会社への

  • LINE Financial

  • みずほ銀行

  • オリエントコーポレーション

第三者割当増資も発表しています。

この記事ではLINE Pocket Moneyについて、わかっている範囲での仕組みと信用スコアがどのように活用されるかを解説します。

LINE Pocket Moneyは信用スコア「LINE Score」を使った融資サービス

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は個人向けの融資サービスです。

つまり、個人に対してLINE Credit社がお金を貸してくれるサービスということです。

日本では大手消費者金融会社のCMがテレビでばんばん流れます。

仕組みとしてはCMで流れるような大手消費者金融会社と近いのですが、LINE Pocket Moneyは

信用スコア

と呼ばれるサービスを活用します。

ちなみに、LINE Pocket Moneyが連携する信用スコアは

LINE Score(ラインスコア)

という信用スコアです。

信用スコアを使った融資サービスの仕組みについてまずは解説します。

個人の情報(パーソナルデータ)を使って信用スコアを算出するサービスが増加しています。この記事では「信用スコア」について初心者向けに説明したのち、日本や海外の信用力スコアリングサービスを紹介します。

信用スコアを使うとより正確に信用スコアの判断が可能になる

個人が消費者金融などでお金を借りるさい、お金を貸す金融機関は融資の申し込みをする人の

  • プロフィールなどの属性情報(収入・勤務先・家族構成など)

  • 信用情報機関が管理する信用情報

などを確認し、総合的に申し込み者の信用力を判断します。

とうぜん信用力が高い方が貸したお金を返済してくれる確率が高いので、融資の条件は良くなります。

ただ、属性情報と信用情報だけだとデータが少なく、正確な信用力の判定が難しいのです。

なので、これまでは担当者が申し込み者と面談をするなどしてより多くのデータを取得しましたが、これでは店舗の賃貸料や人件費などのコストがかかります。

コストがかかると結局は融資を申し込んだ側の融資条件に悪影響が出てしまいます。

これを解決するのが信用スコアです。

信用スコアは豊富なパーソナルデータを分析して信用力を判断します。

なので、

  • プロフィールなどの属性情報(収入・勤務先・家族構成など)

  • 信用情報機関が管理する信用情報

  • 信用スコア

これらを組み合わせることで、より正確な信用力の判断ができるということです。

信用スコアが高いことによるメリットは融資条件

信用スコアをLINE Scoreなどの専用サービスで分析してもらい、高い信用スコアを獲得したと仮定します。

もし高い信用スコアを獲得したら連携するさまざまなサービスでメリットが発生します。

LINE Pocket Moneyの場合は、

  • 貸付利率(年率)が低くなる

  • 利用可能額が上がる

という直接的なメリットが発生します。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の仕組み

簡単ではありますが、信用スコアを活用した融資について説明しました。

ここからは信用スコア「LINE Score」を活用した個人向け融資サービス

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)

について解説します。

ただ、LINE Score自体が2019年の上半期に投入予定のサービスです。

よってLINE Pocket Moneyはそれ以降に開始されるので、全容は明らかになっていません。

なのでわかってる範囲での解説となります。

アプリから申し込みや審査が完結

LINE Pocket Moneyはスマートフォンアプリから

  • 申し込み

  • 審査

などが完了するサービスです。

なので、店舗を訪問したりする必要はありません。

融資のお金については、指定した口座に振り込んでもらうことができます。

信用スコア「LINE Score」が高いと融資条件が良くなる

LINE Pocket Moneyでは融資申し込み者の

  • 属性情報

  • 信用情報

  • LINE Scoreの数値

などの情報をもとに、総合的に融資条件が決定します。

なので、もしLINE Scoreが素晴らしく高い数値でも信用情報に傷があったら審査に合格しません。

しかし、属性情報と信用情報に問題がなく、さらに信用スコアであるLINE Scoreの数値が高ければ

  • 貸付利率(年率)が低い

  • 利用可能額が高い

このような条件、つまり良い条件での融資が期待できます。

LINEの信用スコアサービスである「LINE Score(ラインスコア)」の仕組みと、提携するローン・キャッシングサービスでの活用方法と連携サービスでのメリットについて解説します。

LINEスコアはLINE上での

  • プロフィールなどの属性情報

  • 行動傾向のデータ

などによって分析され、自分の努力でスコアを上げることも可能です。

融資は無担保

一般的な消費者金融と同じく、LINEポケットマネーは無担保の融資です。

無担保融資は担保付きの融資と比較して融資の条件が厳しくなる傾向があります。

しかし、LINEポケットマネーの場合は

  • 人ではなくAI(人工知能)が審査をおこなう

  • アプリで完結する無店舗型サービス

ということなのでコスト削減が期待でき、融資条件も良いものが期待できます。

貸付利率(年率)や契約極度額

LINEポケットマネーは2019年に開始されるサービスということもあり、貸付利率(年率)や契約極度額は公開されいません。

それでも、LINEポケットマネーと同じく信用スコアを使った融資サービス「J.Score(ジェイスコア)」では

  • 貸付利率(年率):0.8% – 12.0%

  • 契約極度額:1000万円

となっています。

J.Score(ジェイスコア)はLINEポケットマネーと同じくみずほ銀行が出資しているサービスですので、条件面ではこれに近しいものになる可能性が高いと思います。

思わぬ好条件で融資してもらえる可能性も

信用スコアを使った融資では、申し込み者の返済能力だけでなく、その人の人柄なども信用スコアを使った判断します。

さらに将来性なども判断することもあります。

なので、もしいま現在収入が低くても、信用スコアによって将来有望と判断されたらとても良い条件で融資してもらえる可能性があります。

信用スコアを使った融資は、基本的には毎日コツコツ努力をしている人が報われる融資方法ですので、これまでの消費者金融に不満を持つ方はぜひ信用スコアを使った融資サービス、

スコア・レンディング

にチャレンジしてください。

借り入れ希望者がデータを入力したらAI等がアルゴリズムによって信用力をスコア化してくれる「スコアレンディング」のサービスを紹介し、内容を比較します。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする