J.Score(ジェイスコア)でお金を返済するときに一番お得な方法

J.Score(ジェイスコア)に関係なく、お金を借りたらできるだけ早く返してスッキリしたいですよね。

はやく返せば利息もすくなくて済みます。

それなのに、なにも考えずに損する返済方法を選んでいたら本末転倒です。

じつは返済方法によってお金を損したり得することがあるのです。

この記事ではJ.Score(ジェイスコア)でお金を損することなく返済する方法を紹介します。

といっても特にむずかしいものや手間のかかるテクニックや方法では無いので安心してください。

記事をざっと読めばどの返済方法がよいかすぐにわかると思います。

返済方法は3種類

まず、J.Score(ジェイスコア)で用意されている返済方法の数は3種類となっています。

具体的には

  • 口座振替

  • Pay-easy(ペイジー)

  • 銀行振込

この3つです。

それぞれを簡単に説明します。

その1. 口座振替

J.Score(ジェイスコア)で口座振替をした場合、返済日は毎月の26日です。

自動でかつ無料で引き落としてくれるので、手間がかからないだけでなく精神的にも楽な返済方法です。

忙しくて約束や時間などに忘れがちは人には自動での口座振替が特におすすめです。

その2. Pay-easy(ペイジー)

Pay-easy(ペイジー)とは、インターネットバンク(ネット銀行)を使って色々な料金を支払いできるサービスです。

とても便利ですが、ネットバンクに対応した口座を持っていないとつかえません。

代表的なネットバンクは

  • 三井住友銀行のSMBCダイレクト

  • みずほ銀行のみずほダイレクト

  • 三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJダイレクト

  • 楽天銀行

などがあります。

口座の開設はどれもむずかしくないですが1)通常の口座開設をするときに一緒にネットバンクも作ってもらうことができます。、楽天銀行などは口座開設のスピードに定評があります。

その3. 銀行振込

金融機関の窓口やATMからお金を振り込む返済方法です。

銀行やATMがある場所まで移動しなくてはいけなかったり、待ち時間があったりといろいろなデメリットがあります。

それに、まとまったお金を持ち歩くのは精神衛生上よくありません。

返済方法別での返済期日について

実は選択した返済方法によって返済の期日も変わります。

それぞれの返済方法での返済期日についても情報をまとめます。

口座振替の返済日は毎月26日

口座振替の場合はとてもシンプルで、毎月26日ときまっています。

だから、毎月の26日までに口座にお金を入金しなくてはいけません。

利息を含めた返済額が残高になければ延滞になりますので注意してください。

Pay-easy(ペイジー)と銀行振込は返済期日を自分で指定可能

Pay-easy(ペイジー)と銀行振込の場合は、自分で返済日を指定できます。

指定をしても、返済日よりも前(14日前)から返済することができます。

お得な返済方法はどれ?

結論を先に言うと、お得な返済方法は

  • 口座振替

  • Pay-easy(ペイジー)

  • 銀行振込

この中では口座振り替えとなります。

なぜ口座振り替えがお得かと、返済時に注意することまとめます。

口座振替は手数料を払わないで返済できる

口座振り替えなら、返済にあたって手数料がかかりません。

一回一回の手数料はそれほどかからなくても、何回も返済すれば手数料はそのつどかかります。

なので、手数料が無料の口座振り替えがおすすめです。

手数料無料が重要

まとめると

  • 手数料がかからない返済方法を選ぶ

というのがJ.Score(ジェイスコア)ではとても大事です。

もし、ネットバンクの口座を持っていないのなら、いざという時に備えて作っておくとなにかと便利です。

できるだけお得に返済してください。

J.Score(ジェイスコア)公式サイトはこちら

脚注・引用   [ + ]

1. 通常の口座開設をするときに一緒にネットバンクも作ってもらうことができます。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする