J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・リワードとは?

AIスコア・リワードとは?

AIスコア・レンディングで有名な「J.Score(ジェイスコア)」は、日本ではじめて一般向けに個人の信用力をスコアで可視化できるようにしたサービスです。

J.Score(ジェイスコア)を使えばスマホからかんたんに自分の信用力を確認でき、そのAIスコアの数値によって

  • 貸付利率(年率)

  • 契約極度額

などが変動します。

もちろん信用力が高い方がより良い条件で融資を受けられます1)融資を受けられるのはAIスコアが600点を超えた人のみです。

いま、個々の「信用力」が注目される機会が増えています。

これは個人の生き方や職業選択が自由化されつつある影響なのかもしれません。

このような時代において、信用力が低いことはなかなか辛いことです。

しかし、信用力は個人が日々努力することによって上がります。

そして、高い信用力は様々な場所やサービスで活用できます。

J.Score(ジェイスコア)による新サービス

AIスコア・リワード

は、自分の信用力を活用することができるサービスです。

ということは、目標に向かって地道に努力している向けのサービスでもあります。

特定の目的を持ち、日々努力している方は是非J.Score(ジェイスコア)への登録を検討してください。

意識しながら努力すればJ.Score(ジェイスコア)と、J.Score(ジェイスコア)と連携している様々なサービスを優遇されながら利用できる確率が高くなります。

AIスコア・リワードとは?

AIスコア・リワードはJ.Score(ジェイスコア)内のサービスのなかのひとつです。

J.Score(ジェイスコア)はAI(人工知能)によるデータ分析で登録者の信用力を数値化してくれます。

自分の信用力は公式サイトから会員登録して、情報を入力すれば確認できます。

自分の信用力を確認する

AIスコア・リワードは可視化された信用力(信用スコア)を様々なことに活用できるサービスで、基本的には信用力が高い人の方がメリットがある仕組みになっています。

AIスコアが活用される仕組み

J.Score(ジェイスコア)でAIスコアを診断してもらうと、個人の信用力は

400点〜1,000点

の間でスコアリングされます。

繰り返しになりますが、この数値は高い方が信用力が高いことを示しています。

J.Score(ジェイスコア)は個人向け融資事業からスタートしていますが、このAIスコアを提携する外部企業も活用できる仕組みがAIスコア・リワードなのです。

なので、融資目的で登録した人もAIスコア・リワードを利用して様々なサービスを利用することが可能となります。

AIスコア・リワードは利用者の同意が大前提

AIスコア・リワードはAIスコアをJ.Score(ジェイスコア)以外にも解放し、提携企業が個人のAIスコアを活用できる仕組みです。

自身のAIスコアがJ.Score(ジェイスコア)以外の会社も活用できるとなると、不安を感じる方も多いと思います。

しかし、AIスコア・リワードは利用者が同意してはじめて提携企業が活用できるようになっています。

なのでJ.Score(ジェイスコア)の利用しか考えていない方はAIスコア・リワードに同意しなければよいだけです。

それに、AIスコア・リワードを活用できる提携企業についてはすべてJ.Score(ジェイスコア)側が審査しています。

なので信頼度はとても高い企業やサービスばかりです。

リワード用の信用スコア「リワードスコア」

繰り返しになりますが、J.Score(ジェイスコア)で個人の信用力を「AIスコア」で数値化してくれます。

そして、AIスコアは融資条件を決定する際に大きく影響します。

AIスコア・リワードの場合はAIスコア以外にも、

「リワードスコア」

という数値が算出されることになります。

そして、リワードスコアが大きな役割を果たします。

リワードスコアは6つのランクに別れる

AIスコア・リワードに同意した利用者のリワードスコアは6つのランクに分類されます。

スコアごとのランクは下記のとおりです。

  • スコアランク「ダイヤモンド」:950〜1000

  • スコアランク「プラチナ」:900〜949

  • スコアランク「ゴールド」:800〜899

  • スコアランク「シルバー」:700〜799

  • スコアランク「ブロンズ」:600〜699

  • スコアランク「ピューター」:〜599

AIスコア・リワードと提携している企業は接触したいランクのユーザーに対して自社のサービスを提案してくれます。

もちろんただ提案してくるだけでなく、

  • 割引

  • 特別特典

など、通常よりも優遇された条件のサービスを受けることができます。

将来的には料金だけでなく、パーソナライズ(個別化)された専用サービスも提案してもらえるかもしれません。

AIスコア・リワードに参加する企業やサービス

一部ではありますが、AIスコア・リワードを活用する企業をまとめます。

AIスコア・リワード利用者は自分のリワードスコアのランクの応じて下記の企業から優待を受けたり割引でサービスを利用ができます。

  • JTB

  • 一休.com

  • ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO

  • 髙島屋

  • 東急リゾートサービス

  • Audi

  • AOYAMA HANAMO(青山花茂)

  • ザ・リッツ・カールトン東京

  • THE JEXER TOKYO Annex

  • リンスホテルズ&リゾーツ

  • Gabaマンツーマン英会話

優良顧客として良い条件でサービスを利用したい人におすすめ

一般的に、企業は様々な人に対してサービスを提供しています。

なので出身地や職業、さらには収入なども全然違う人に対して同一のサービスを提供しています。

しかし、消費者の嗜好の多様化が進んでいる現代ではひとつのサービスを様々な人に対して提供し、すべての人に満足してもらうことは困難です。

このような時代では商品の個別化が重要になり、AIスコア・リワードのようなサービスが求められていると思います。

AIスコアは基本的に努力すれば上がるようになっていますので、大事なのは努力することです。

そうすればAIスコアが高くなり、サービスにおいて優遇してもらえる可能性は高くなります。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア算出にあたっての診断内容やAIスコアを上げるコツや方法について解説します。確実にスコアアップする方法がありますので、できるだけスコアを上げた状態で融資を受けましょう。

J.Score(ジェイスコア)に登録する

脚注・引用   [ + ]

1. 融資を受けられるのはAIスコアが600点を超えた人のみです。
スポンサーリンク
物置シェアの「モノオク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする