危険な出会い系アプリをスマホにインストールしたらどうなる?何が起こるの?

「危険な出会い系アプリ」
と聞くと、どんなアプリが頭に浮かびますか?
意外と、ぼんやりしたイメージしか浮かばないことが多いと思います。

このページでは、危険であったり「悪質」な出会い系アプリを自分のスマホのインストールしたら、どのようなことが起きるのか?
これを、以下の2つのパターンにわけて解説します。

  • コンピューターウィルスに感染
  • サクラにだまされる

スマホを使っていればアプリを利用します。
そして、アプリにはいろいろな危険があります。
安全にスマホを使うためも、どんな危険が潜んでいるか、しっかり理解しましょう。
理解していれば、避けられる危険がきっとあるはずです。

スマホがウィルスに感染したらどうなる?

「コンピューターウィルス」という言葉を聞いたことがあると思います。
簡単にいえば、コンピューターウィルスとは「プログラム」です。
プログラマーによって作られ、人のコンピューター(スマホやパソコン)に悪さするプログラムが「コンピューターウィルス」と呼ばれます。
だから、プログラムの知識があれば誰でもウィルスを作れるのです。

悪質なアプリをインストールすると、スマホにコンピューターウィルスが侵入することがあります。
スマホにウィルスが侵入した状態は「感染」と呼ばれます。
まずは、スマホがコンピューターウィルスに感染したときに何が起こるかを説明します。

「乗っ取り」でスマホが遠隔操作される

悪質なウィルスに感染すると、自分のスマホが他人によって遠隔操作されることがあります。
自分のスマホが他人に遠隔操作されている状態は「乗っ取り(のっとり)」と呼ばれます。
乗っ取りはスマホだけでなく、パソコンでも起きうる現象です。

遠隔操作されているのに気がつかないでいると、自分のスマホのカメラを使った盗撮や、マイクを使った盗聴などの被害に遭うかもしれません。
とくに女性は「乗っ取り」に遭ったとき、被害が大きいです。
もし女性の下着姿や裸の写真が遠隔操作によって撮影され、遠隔操作をしている人の手に渡ったとします。
こうなると写真をネタにして脅迫などが行われる可能性があります。
だから、女性はとくに注意が必要です。

スマホの操作ができなくなる

ウィルスに感染すると、そのスマートフォンを全く操作できない状況になることがあります。
これは遠隔操作と似ています。
けれど、遠隔操作とはちがい、スマホを遠隔操作されることはありません。
ただスマホが固まり、何も使えなくなるだけです。

もし画面が固まり、何も使えなくなったら機種変更すれば良いだけです。
しかし、ウィルスを作成した人は、動かなくなった画面に
「ふたたびスマホを動かしたかったら100万円を指定の口座に振り込め」
このような文字を表示させ、脅迫してきます。

このような指示が出ても、お金を振り込んではいけません。
冷静になり、警察に被害届を出したり、ネットでサイバーセキュリティの専門家のブログなどを検査して対応方法や対策をチェックしましょう。
スマホが動かなくなったら、機種変更をすれば良いだけです。
だから焦らず、冷静に対応してください。

個人情報が外部に流出する

危険なアプリをスマホにインストールすると、スマホの中にある個人情報が外部に流出することがあります。
大事な情報が自分以外の人に渡ってしまうのですね。
ケースとして多いのは、スマホのアドレス帳に登録されている電話番号やメールアドレスなどの情報の流出です。
アメリカの有名人などの場合は、パソコンがウィルスに感染して、女優の裸などの画像が流出した事例があります。

外部に流出した情報は、運が悪ければ「名簿屋」など、個人情報を売買する業者の手に渡ります。
いちど、名簿屋のような業者に個人情報が渡されたら、データはどんどん転売されるので、流出した情報は拡散され続けます。
自分のメアドや住所が商品になり、どんどん売買され続けるのです。
外部に個人情報が漏洩すると、自分だけでなく友達や家族にも迷惑をかけることになります。

サクラにだまされる

まず最初はスマホがコンピューターウィルスに感染したらどうなるか?
でした、
2番目は「サクラ」についてです。
「サクラ」はみなさんご存知ですよね。
「出会い系といえばサクラ」
という印象があるくらい、おなじみの存在です。
「おなじみの存在だから、いまさら騙される人はいないだろう・・・・」
と思うのも無理はありません。
しかし、いまでもサクラに騙される人はたくさんいます。
それくらい、サクラのいる悪質な出会い系アプリはたくさんリリースされているのです。

サクラの女性とのメッセージに課金してしまう

「サクラ」の目的は明確です。
ずばり、あなたの「お金」です。

出会い系アプリでは、男性が女性にメッセージを送るときに有料の「ポイント」が必要です。
サクラも女性なので、やりとりするのにポイントが消費されます。
「ポイント=お金」
を消費させること、これがサクラの目的です。
もちろん、何回メッセージのやりとりをしても絶対にサクラとは出会えません。
お金が無駄になるだけです。

無料の出会い系から有料の出会い系アプリに誘導される

無料の出会い系アプリにも、サクラはいます。
無料の出会い系の場合、サクラとのやりとりは無料です。
しかし、サクラとメッセージを繰り返すと、
「他のサイトで話さない?」
などと言ってきます。
この「他のサイト」は無料ではなく、有料です。
これはどういうことでしょうか?

無料のサイトでメッセージを交換して親しくなり、その後に有料の出会い系に誘導する、という方法ですね。
少しでもメッセージを交換していれば、男性側にも情が湧いたり、「会えるかも」と思うから、成功率が上がるのでしょう。
つまり、結局は男性にお金を使わせることが目的なのです。

危険なアプリは増え続けてる

世界的に見ても、スマートフォンの出荷台数は増えています。
スマートフォンの利用者が増えれば、アプリのダウンロード数も増えるでしょう。
悪いことをしようとする人が、こんなチャンスを見過ごすはずもありません。
スマホアプリを狙って、悪いことをしようとする人は今後増え続けるはずです。
なので、危険なアプリをインストールしたらどうなるかを知っておくことはとても大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする